CaramelTrip

家族で海外を旅するフリーランス・プログラマーのログ

MacbookPro用にAnkerのワイヤレスUSキーボードを購入。脱日本語キーボードを試してみます!

f:id:parsetree:20170325001652j:plain


英語圏の海外に行くとやっぱり皆さんUSキーボードでした。めっちゃほしい!

仕事でリモートでサーバーにアクセスすると、たまに「US配列」になっちゃって「うおおお」とかなってたんで・・・。

ただ「カッコイイけど、慣れるかどうか心配」という状況。

今回は、安いワイヤレスのUSキーボードを使って試してました!

前からチェックしていた「AnkerのUSキーボード」を買いましたので、早速レビューしてみたいと思います。


購入したキーボード

今回、購入したのは「Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」です。

Anker | Ultra-Slim Bluetooth Keyboard | Black


ホワイトが人気だと思いますが「チャチい・安っぽい」というレビューがあったのでブラックをチョイス。


Appleのキーボードと比較

まずは、13インチのMacbookProのキーボードと並べるとこんな感じ。

f:id:parsetree:20170325001746j:plain


ほぼ、同じサイズです。いい感じ♫。

次に、Appleの純正JISキーボードを並べてみました。

f:id:parsetree:20170325001923j:plain

若干、ankerの方が大きいですね。

タイピングの感じは、ankerの方が安っぽい感じですね。

まあ、値段が違いますからね。ただ、嫌な感じはないです。

個人的には、もうちょっと重めというかシッカリしている方が好みです。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

初めてのUSキーボードという事で購入しました。


仕様

重量 191g
318g(電池込み)
サイズ 28.4 x 12.2 x 1.9 cm
電池 単4×2(別売り)
通信 Bluetooth 3.0
キー パンタグラフ
キーピッチ 19mm
OS iOS/Android/Mac/Windows

値段

amazonで2000円ぐらいで購入しました。

2000円という安さですから、気軽に購入できる値段設定です。

Ankerというブランドですから、ちょっとした安心感もあります。


配列

今回はUSキー配列が欲しかったのです。

USキー配列だと、MacbookProと一緒!!(JISキーボードはないっぽい。)

これが重要でした。

「USキーボードのPCを買おう」計画を立てているので、試したかったわけです。


キーボードの構造

自分が持っている、前のモデルのMacbookProと同じパンタグラフ式

慣れていますが、MacbookProの本体のキーボードに比べると、なぜか打ちに打ちにくいんですよ。

そのうち慣れるのかな?


まとめ

ANKER ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード
by カエレバ

「入門としては良いんじゃないかな。」という印象です。

「USキーボードが欲しい」とか、

「持ち運べて、軽いやつが欲しい」

「タブレット、スマホ用のキーボードが欲しい」という方にはピッタリかもしれません。

逆に、自宅やオフィスでPCに繋いでメインで使うには微妙な印象です。


しばらくはこのキーボードを使って、US配列に慣れていこうと思います。

私もついに「キーボード配列の戦い」に参戦です!(現時点ではJIS派です。)


オススメの記事

qiita.com


www.makkyon.com


parallelline00.com


www.youtube.com