CaramelTrip

家族で海外を旅するフリーランス・プログラマーのログ

rubyやphpのバージョンをまとめて管理しよう rbenvやphpenvをまとめて管理できるanyenv

f:id:parsetree:20170122205832j:plain


rubyのバージョン管理をrbenvで、phpのバージョン管理をphpenvでやっていましたが、バッティングしておかしくなったりしていました。

これらのenvをまとめて管理してくれるanyenvとう便利なパッケージがありますのでご紹介。

envを2つ以上使ってる人は使ったほうが便利だと思いますよ。


anyenv

anyenvが***envを統合管理してくれます。

anyenv経由でrbenvやphpenvインストールし、rbenvでrubyのバージョンを管理、phpenvでphpのバージョン管理するといった感じで使用します。

 

anyenvのインストール

以下のgit cloneコマンドでインストール。

$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ exec $SHELL -l


パスが通ったか確認

$ which anyenv
/Users/hoge/.anyenv/bin/anyenv


rbenvインストール

anyenv経由でrbenvをインストールします。

$ anyenv install rbenv


シェルに読み込ませる。

$ exec $SHELL -l


インストール出来たか確認。以下のようにsystem…が表示されればOK。

$ rbenv versions
* system (set by /Users/hoge/.anyenv/envs/rbenv/version)


rubyのインストールは、今までと同様にrbenvでインストール

$ rbenv install 2.3.0
$ rbenv global 2.3.0
$ rbenv rehash
$ ruby --version


rbenvのコマンド

install可能なrubyのバージョン

$ rbenv install -l


install済みのrubyバージョン

$ rbenv versions
  system
* 2.2.0 (set by /Users/.anyenv/envs/rbenv/version)


使用するrubyのバージョンを指定

rbenv global *.*.*


phpenvインストール

今度はphpenvをanyenv経由でインストール

$ anyenv install phpenv


あとはrbenvと同様にphpenvでphpをインストールしましょう。

$ phpenv install 7.0.9
$ phpenv global 7.0.9
$ phpenv rehash
$ php --version


anyenvコマンド

忘れないようにコマンドをまとめます。


コマンド 内容
$ anyenv init 初期化
$ anyenv envs インストールされている**env一覧
$ anyenv root anyenvのインストール先の絶対パス
$ anyenv install -l インストールできる**envの一覧
$ anyenv install env 指定されたenv のインストール
$ anyenv version **envごとのシェルにおける実行環境
$ anyenv versions **envごとのインストールされている実行環境一覧
$ anyenv global **envごとのデフォルトの実行環境
$ anyenv update アップデート

う〜ん、めちゃ便利anyenv♫


あわせて読みたい記事


www.carameltrip.com


qiita.com


qiita.com


qiita.com