読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CaramelTrip

家族で海外を旅するフリーランス・プログラマーのログ

Macに仮想環境構築 | Vagrant + VirtualBox ~ Centos6.5

vagrant
f:id:parsetree:20170128200109p:plain


Mac上の複数の開発環境を作りたい為、仮想環境を構築しました。

仮想環境を使うと、即座にOSごと違う環境に切り替えられるようになります。

今回は、Vagrant + VirtualBoxで仮想環境を構築していきます。

では、いってみましょう。


仮想環境

1. Vagrantのインストール

公式サイトから最新版をダウンロードしてインストール

Vagrant by HashiCorp


今回は、Vagrant-1.6.5.dmgをダウンロードし インストールしました。


で、インストール確認

$ vagrant --version
Vagrant 1.6.5


2. VirtualBoxのインストール

公式サイト最新版をダウンロードしてインストール

Oracle VM VirtualBox


今回は、VirtualBox-4.3.16-95972-OSX.dmgをダウンロードし インストールしました。


3. 仮想マシンの作成

Vagrantでは[box]という仮想マシンのイメージを作成する事で簡単に複数の仮想マシンを作成できます。


  • vagrantにcentosのboxを追加

  • 追加したboxから仮想マシンを作成して起動

boxの追加

  • 追加

今回は、以下からダウンロードして追加しました。

$ vagrant box add centos6.5 https://github.com/2creatives/vagrant-centos/releases/download/v6.5.3/centos65-x86_64-20140116.box


  • 確認
$ vagrant box list
centos6.5 (virtualbox,0)


VMの作成

  • 作成

VMを作成する場所へ移動し、以下のコマンドを実行。

$ vagrant init centos6.5


準備が完了!


VMの起動

$ vagrant up


接続

ターミナルで接続してみる。

$ vagrant ssh


vagrantユーザーでログインできていればOK!!!

※デフォルトでvagrantユーザーが用意されています。


  • ログアウト
$ exit


VMの終了

$ vagrant halt


その他のコマンド

  • VMの再起動
$ vagrant reload


  • VMの状況の確認


$ vagrant status


4. 仮想マシンの設定

macからvagrant上の仮想マシンのにアクセスする為の設定、[Vagrantfile]というファイルが設定ファイルになる。


今回は、Railsでポート3000を使用する為のポートフォアリング設定を追加する。 ※mac側の操作だよ。

$ vim Vagrantfile
config.vm.network "forwarded_poot", guest: 3000, host: 3000


後は、リロードなり、再起動すればOKです。


お疲れ様でした♪