CaramelTrip

バックエンドエンジニアをメインに、コミュニティ運営・Blog・Video制作などマルチに活動するフリーランスのWEBエンジニアです。 旅・ガジェット・テクノロジー・ライフスタイルの4つのジャンルを中心にニュースやレビューを紹介しています。

初心者が三脚を2つ同時購入! どこでもゴリラポッドと旅行用のManfrotto befreeレビュー。

f:id:parsetree:20180822225253j:plain


カメラハマってます。www

で、必要になってくるのが三脚

ガジェットオタクの俺は調べました!


購入したのは2つ。


  1. 旅行にピッタリ、持ち運べるコンパクトな三脚「マンフロット ビーフリー」 f:id:parsetree:20180822225314j:plain

  2. どこでも便利な「ジョビー ゴリラポッド」 f:id:parsetree:20180822225329j:plain


2つとも数回使用したので「得意のざっくりレビュー」します。

目的

以下のような用途に使用したいと思い購入に至りました。

外で移動しながら動画撮影

  • 手持ちで撮影、自撮りもしたい。(ゴリラポッド)

外で固定した状態で動画撮影

  • 地面に固定した状態での撮影 (マンフロット)
  • 地面に三脚がおけない場所での撮影 (ゴリラポッド)

室内で固定した状態で動画撮影

  • 地面に固定した状態での撮影 (マンフロット)
  • 俯瞰状態での撮影 (マンフロット)


1つだけでは解決できない為、用途に合わせて2つの三脚を購入。 

上記のすべてにシチュエーションで撮影できるようになりました。

大満足です。!


購入した三脚

Manfrotto befree

室内でも外でも使用したいと思っていたので、頑丈軽い三脚を調べました。

ある程度候補は絞られたのですが、カメラ素人がメッチャ調べても「どれが良いのかわかりませーん!」。

なので、ブロガーさんやyoutuberさんがこぞって使っているManfrotto befreeにしました。

結果・・・最高!軽くて頑丈です。

買ったのはボール雲台のアルミ製の商品になります。

by カエレバ
商品素材 : アルミ
耐荷重 : 4kg
最低高 : 34cm
全伸高 : 144cm
全伸高 : 123cm(センターポールを伸ばさない状態)
格納高 : 40cm
重量 : 1.41Kg


値段は15,000円ぐらいでした。

この商品は俯瞰撮影も出来ます。真下オンリーですが。 f:id:parsetree:20180822225413j:plain

あと、コイツを買おうと悩まれている方は、動画の商品レビューを見たほうが良いです。

使い方とか用途とか面白おかしく紹介してくれてます。




  • さらに、カーボンバージョン!お値段上がります。 www.youtube.com


  • さらに、さらに、ビデオ雲台バージョン登場!「befree live」 www.youtube.com


Joby ゴリラポッド

マンフロットにも人気のミニ三脚があります。

でも、ゴリラポッドだとこういう事が出来ちゃう。というかコレがしたかった。

f:id:parsetree:20180822225437j:plain

ゴリラポッドはマウントするカメラの重量にあわせて、

  • 1K

  • 3K

  • 5K

という3種類があり、さらにカラーバリエーションがあります。

私が購入したのは3Kのブラックです。

by カエレバ
寸法 : W65×D60×H300mm
重量 : 393g
耐荷重 : 3kg

値段は楽天で8,000円ぐらいでした。


EOS Kiss X9をマウントして使用してます。

EOS Kiss X9は406gで、レンズ入れて453gですが、今のところゴリラポッド3Kで問題なく使えてます。

自撮りも重いですが出来ます。良い筋トレになりますよ。www


まとめ

この2つの三脚があれば大体の場面で対応できると思います。

今回のゴリラポッドbefreeも妥協せずに、ある程度の値が張る商品を購入しました。

理由は、安い三脚を買った場合、数カ月後に「やっぱり良いヤツ欲しいなー」ってなるのが目に見えてたからです。www

今後の事も考えて「雲台とか使い回せるやつを買おう」と。

大事に使っていきたいと思います。


オススメの記事

logcamera.com


sakidori.co


www.maturikun.com